ツンデレ柴っ子ももちゃんを愛するがゆえ・・空回りしてばかりのママのブログです♪2013年4月キジ白猫たびちゃんが、2014年8月黒白猫ゆめちゃんが、2016年5月ハチワレ猫あむちゃんが家族に加わり、てんやわんやな毎日です☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビとのお別れ。
2012年07月03日 (火) | 編集 |
こんばんは!


すみません。本日はちょっと悲しいお話をしてしまいます。
今はそんな気分じゃないな・・・という方はスルーでお願いします!
おちかれ0703

あのね、
このブログにも登場していた前橋のパパ家にいる
猫のチビが6月30日に亡くなってしまいました。
まだ3歳9ヵ月でした。

その2日前に、虫の息でフラフラと帰ってきて(チビは外ネコです)
びっくりした母が夜間救急病院へ連れて行きました。

急性腎不全・尿毒症との事で、お腹がガチンガチンに固まっていたそうです。
処置をしてもらい、次の日に近所の掛かりつけの病院へ入院しました。
とりあえず3日間の入院と言われましたが、
そのまま回復せず、2日目に亡くなってしまいました。

お花に囲まれ、眠るように横たわるチビは
今にも高い声でニャと鳴きそうなくらい安らかなお顔でした。

チビ①

チビは自由奔放な外ネコで、気が向いた時にふらりと帰ってくる子でした。
そのため、ちゃんとした体調管理が把握出来ていなかったのです。
まだ3歳だし・・と安心していた面もあります。

”ネコは最後の姿を人には見せない”とよく言いますが
最後の力を振り絞り、2階のベランダまで登って
母に助けを求めて来たのかと思うと本当に切なくなります。
でも母は、
最後にこの家に帰って来てくれて嬉しい。と、涙します。

4年前、父が亡くなり
一人ぼっちになった母は運命的にハルと出会いました。
そして暫くしてハルの兄のチビが家に来るようになりました。

この小さな黒猫兄妹に”生きる力”を貰った。
と、母はいつも小さく笑っています。

チビ②

7月1日、父のお墓の近くにある
自然に囲まれたメモリアルパークでチビを弔って来ました。
一つ一つ、太くて立派な骨を拾いました。

もう、外ネコなんかじゃない。
変な言い方だけど、
これでやっと家族の一員になってくれた気がします。

甘えん坊で食いしん坊なチビ。
短い間だったけど、一緒に居てくれてありがとう。
チビはこれからもずっと私達家族の一員だよ。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。